ワールドカップを観て思ったこと

「王国」ブラジルでの開催

ブラジルという国は好きだし、ここでの開催は楽しみにしていた。テレビで何度も流れたこの映像もサッカー少年の夢や期待を上手く表現した素晴らしい物だった。

ただし、結果としてはこの特別なシチュエーションが開催国ブラジルを含む選手や審判に異常な緊張を与えて、悪い方向に働いてしまったと思う。グループリーグでの不可解な判定の数々、スキルフルなチームの惨敗、そしてホームの笛に甘えて稚拙でラフなプレーに走ったブラジル。ネイマールの悲劇はそれまでのブラジルのプレーを考えると必然的とも言えた。

日本代表

そこまで悪いサッカーしてなかったと思うし、個々の選手のスキルは確かに高いし、4年間追求した前線に人数割く攻撃サッカー、フィジカルで勝負せず、パスで繋ぐサッカーは間違ってなかったと思う。グループリーグの他の国の試合のゴールシーン観て、「勝てるのは羨ましいけど、スペースを駆けるサッカーは古いな」と思ったし。今足りないのは、ドン引きした相手への崩しのアイディアの不足と、相手によって使い分けるプランB、プランC、そして相手の対策にあった時のプランD、プランEの不足だと思う。ザッケローニが3-4-3のプランBを諦めてしまったのはもったいなかったが、そういう引き出しの多さは長い時間かけて積み上げて行くものなのかな。絶対に強くなってると思うし、2006年の時と比べるとずっと前向きな敗戦だったと思う。日本はマスゴミの影響で監督が悪いって論調になりがちだけど、次の監督もザッケローニの路線を踏襲して欲しいなと思う。

マスゴミサッカーの悪影響

今回、残念だったのは日本のマスメディアの質が4年前と全然変わってなかった事。ジョン・カビラの声を聞くたびにテレビを消したくなった。僕は、「日本代表だけを応援する」ようなライト層の価値観を「マスゴミサッカー」と呼ぶようにしている。それは、4-2-3-1や4-3-3といった数字のフォーメーションにスター選手を当てはめて「最強の布陣!」「これで勝てる!」と言うような価値観である。それとスターシステムの象徴である「トップ下」への拘り。「本田、香川のどっちがトップ下にふさわしいか」なんて論争が起きる時点で馬鹿らしい。3-4-3を「トップ下がないフォーメーション」だからという理由で嫌った事も。実は、このマスゴミサッカーはスポンサー等の関係でサッカー協会や代表スタッフにも影響を与えている。ザッケローニの3-4-3はマスゴミに潰されたと言っても良いだろう。システムを数字でしか観られないから「3トップ=トップ下がいない」「3トップの両サイド=ウィング、本田はウィングじゃない!」とか言い出しちゃう。試合中に両サイドが中央に絞って2シャドーになったり、センターフォワードの役割を固定せずにゼロトップのように3人が常に入れ替わる動きもプランとしてあったはずなのに、それを全く解説できないマスゴミ。むしろそれまでのマスゴミの流儀で「新次元3トップ」とか言って煽る事もできたはず。勉強不足なマスゴミの罪は大きい。

サッカーは相手がいるし90分間に状況の変化があるもの

決勝戦を観て、サッカーというのは相手がいて、こちらの戦術への相手の対策があって、それに対するさらなる対策があって、90分の間に対策への対策、修正に継ぐ修正を繰り返せる選手・チームが勝つんだと思った。4-2-3-1や4-3-3というのはスタート時の位置とディフェンス時の原則的な守備範囲を示す以上のものではなく、90分の中で刻々と変化する戦術の流動性、多様性こそがサッカーの面白さ、奥深さだと再認識した。

バーコードフットボーラーもっと面白くしたい

具体的にはここで言えないけど、バーコードフットボーラーをもっと面白くしたいし、面白くするプランを色々考えた。マスゴミサッカー撲滅のためにサッカーというゲームの面白さ、奥深さをゲームを通して伝えて行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>